【手帳術】バレットジャーナルのノート選び。モレスキンかMDノートか……

バレットジャーナルなる手帳術を最近知りまして、とても気になっています。

気になったらやってみたくなるのが私。

そして私は形から入るのが好き。

さっそくバレットジャーナルに使うノートを何にしようかということで頭はいっぱいです(笑)

今までスキンケアとかダイエットとかコスメ、ファッション系の記事を多く書いてますが、実は私、文房具という趣味を持っております。

いつか手帳とかペンとか文房具について熱く語るブログを作ろうと思っていたんですが、ブログが増えると管理が大変なので、もういっそこっちに書くことにしました。

ごちゃごちゃなるかな~という心配もあるけど、まぁいいか(笑)

バレットジャーナル

インスタで人様の手帳を眺めるのが趣味です。

興味ない人からしてみれば変な人でしょうけどw

そのときたまたま見つけたタグ#バレットジャーナル が気になって調べてみました。

基本的には、一冊でスケジュールやタスクやメモなんかを管理する手帳術みたいですね。

公式の動画やサイトは英語なので、見てもわかりませんでした☆|д゚)

※雰囲気は伝わります。

でもすでに使いこなしてる方のありがた~いブログなんかを参考にできますから、心配いりません!

一番参考になるのはこちらのブログですかね。

とてもわかりやすくて、しかもイラストなんかもかわいいんです♡

自分では到底無理そうですけど(笑)憧れます。

基本ルール

基本的なルールがいくつかあるみたいですね。

  • ページに番号を振る
    ページの右下のところに書いておきます。
    私よく、間違ったページとかなかったことにしようとしてちぎって捨てたりするんですが、これやるとバレるからできない(笑)
  • インデックスをつくる
    まず最初に目次のページを作ります。
    1.目次
    2.8月 Monthly
    3~4.Weekly
    みたいな感じですかね。
    ページを消費するたびに書き足していきます。
    あとでどこに何書いたかわからな~いってことがなくなります。
  • タスクなど箇条書き
  • Keyを設定
    箇条書きするとき、先頭につけるアイコンみたいなものです。
    これで、ToDoなのか、イベントなのか、約束事なのかとか、わけて判断できるんですね。
    □ToDo
    ・メモ
    ○イベント
    自分で自由に決めて、一覧にしてどこかに書いておきます。最後のページとか。
  • マンスリーページ
    縦に一行ずつ一カ月の日付を書いてマンスリーカレンダーを作成。
    あとは、右ページにその月のToDoを書いたり。

基本的なルールはこれくらいでしょうか?

あとは、別に何を書くのも自由なので、皆さん好きなようにアレンジしてるみたいです。

見開きをウィークリーで使ってもいいし、1日1ページでもOK。

私は、使うならウィークリーとか1日何ページとか決めずに、書きたい日だけ書くスタイルがいいかな~と思います。

先に日付とか書いておくなら、スケジュール手帳と同じだし、書かない日が絶対あるので、空白になるのが嫌。

ノート選び

ノート

このバレットジャーナルは、自分の好きなノートでできるというのも魅力の一つ。

ノートなら大きさもデザインもお好きなものをどうぞ♡

なんでも形から入る私は、その辺の100均のノートでいいや~とはならず、ノート選びから超真剣です(笑)

(※100均のノートでもなんでも、1月とか4月とかじゃなくてもすぐ始められるのが利点ですので、こだわらない人は持ってるノートでできますよ!)

ノートの条件

  • 小さすぎず、持ち歩ける大きさ
  • 方眼
  • 表紙が頑丈
  • 万年筆が使える

候補①モレスキンラージ

公式はモレスキンみたいです。

表示も頑丈だし、バンドで押さえられるし、方眼があるし、条件はぴったり。

ポケットじゃ小さすぎる気がするので、ラージがいいかな~と。

ただモレスキンの問題点は、紙質と、かわいくない値段。

紙の質が特に評判が悪い。

モレスキンラージは一冊持ってるんですが、万年筆は噂どおりガッツリ裏抜けで使えません。

ただ、万年筆どころかペンによっては普通の水性ペンでも裏抜けするのが困りもの。

蛍光マーカーとかも使えないです。

それであの値段ですよ(笑)

もう完全にブランド料です。

書き味とかってけっこう、「書きたいと思うかどうか」に重要なのです……。

でも不思議なことにポケットサイズの無地を買ったら万年筆だろうが全然裏抜けしないっていう……。

当たりだったのかな?

トラベラーズノート

トラベラーズノートは今スケジュール管理で使っています。

いつか詳しく紹介したいと思いますが、これに方眼リフィルをつけてバレットジャーナルに使ってもいいかな~と考えてます。

これの問題点は、サイズ感。

トラベラーズノートはなんとなく使いこなせてないんですが、その理由がサイズです。

A5スリムなんですが、モレスキンより横幅が狭いんですよね。

トラベラーズノートの持った感じとか見た目もすごい好きなんですけど、実際書くとなると、縦長な感じがしっくりこない……。

あと、ノートのページ数ですかね。

今4冊挟んで使ってますが、一冊のページ数はそんなに多くないんですよね~。

そして書きにくい(これ結構致命傷w)

保存する気にならないノートという問題もあります(個人の意見です)

モレスキンとかは、本って感じなので、そのまま本棚に並べて保存して、見返すこともできますが、トラベラーズノートのリフィルは革のカバーから外れたらほんとにただのノートでなんか美しさに欠けます。(個人の意見です)

でもこの大きさがしっくりくる人にはホントにいいノートなんですよね~。

かっこいいんですよ。

しかもこの革が使ううちにどんどん手に馴染んでいい感じになっていくのがまた良い。

持っててなでなでして眺めてるだけでも満足です。

分かってくれる人絶対いるはずw

A4サイズ三つ折りで持ち歩けるしね。超便利。

MDノート新書サイズ

次に候補に挙がったのが、MDノートです。

方眼もあるし、紙質はとても良いです。

ちょっとクリーム色っぽい紙も目に優しい。

180度にパカッと開くのでとても書きやすい。

通常のA5は私にはちょっと横幅が大きいので、新書サイズがいいかな~と思ってます。

MDノートの気になるところは、方眼のデザインです(細かっ!というツッコミは受け付けます)

MDノート

ちょっと原稿用紙っぽい感じというか、線が端までなくて、余白があるんです。

個人的に、モレスキンみたいに紙いっぱいに線がある方が好みです。

それから、表紙ですね。

真っ白で良いデザインなんですが、ちょっと厚いだけの紙ですし、絶対汚れます。

これ使うならカバーが必要になるんですよね~。

出来ればノートにはカバーなんてつけずにそのまま使いたいんですが……。

革の、気に入るカバーがあれば、それもありかな?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミドリMDノートブック(新書サイズ)
価格:604円(税込、送料別) (2016/7/29時点)

 

とりあえずやってみる?

表紙のこととか、保存とか、いろいろ考えるとやっぱりモレスキンがジャストなんですが、紙がねぇ……。

当たりがくるかも!?とか冒険して買える値段じゃないし。

ポケットサイズなら、いろいろ似たようなのがあるのでそれでいいんですけど、ラージサイズになると、どうしても横がモレスキンより大きくなるんですよね。

ゴムバンドついててハードカバーで方眼で万年筆使えて丸角で、でもA5標準サイズしかない。

モレスキンのこのサイズ絶妙なんですけどねぇ。

質が落ちようがずっと使い続けてる人はきっとこのサイズ感が良いんでしょ?そうでしょ?

モレスキンラージと同じサイズで良いノートある知ってる人教えてください……。

とりあえず、MDノートの新書サイズは買ってしまったので使ってみようかなと思ってます。

始めたらまたアップしますね~。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る