あのモレスキンが万年筆kakunoやシグノでも裏抜けしない!色彩雫も使えました。

ニューモレスキンを手に入れたんですが、紙質悪い、裏抜け問題が意外と気にならないのでレビューです。

バレットジャーナルに使おうかとMDノートの新書サイズを買ったのはついこの間のことなんですが、なぜか今手元にモレスキンラージがあります。(あれ?w)

いいかげんにノートを増やす癖をなおさないとと思いながら、またやってしまいました。

分かる人には分かると思いますが、もうこれは病気です(笑)

興味ない人からしたらただのノートに3,000円てアホかと思われるでしょうけどね……。

高級ノート使うなんてさぞかし裕福な人かと思うでしょうけど、むしろ貧乏ですw

モレスキン=裏抜けする

もうこれは誰もが知る事実ですよね。

まぁもともと万年筆を使うように作られてるものでもないでしょうから、仕方がないと言ってしまえばそれまでですけど。

それを抜きにしても、お世辞にも紙の質は良いとは言えません。

水性のペンとか、蛍光ペンでもモノによっては裏抜けするし、書き心地も良くありません。

値段と質が比例していないんですよね。

実際に私が初めて買ったモレスキン、買ってからさっそく裏抜けチェックをしたところ、まぁ見事に染みまくりです(笑)

モレスキンラージ バードカバー 横罫 裏抜けチェック

こちらが最初に買ったラージサイズのモレスキンです。

持ってるペンで適当に書いてみました。

字が汚いのはすみません。笑

モレスキン横罫

モレ横罫裏抜け

無印とJuiceは大丈夫です。

万年筆はダメですね。

  • PILOT カクノ M (色彩雫 躑躅)
  • PILOT カクノ F (色彩雫 月夜)
  • ココイロ レターペン (筆ペンみたいなやつです)
  • マイルドライナー(蛍光ペン)

蛍光ペンと、濃い目のインクのペンは使えなさそうです。

裏抜けしないモレスキンがある

品質にバラつきがあるという話はちらほら聞いたことがありましたが、製造が今はもう中国ですし、どれも同じようなものだろうと思っていました。

ところが、特定のボールペン(染みないやつ)だけを使うつもりで買ったモレスキンのポケットサイズ(無地)が、万年筆で書いても裏抜けしないということに気が付いたんです。

上の写真のような蛍光ペンなども試しましたが、私が持っているペンは全て使えました。

滑らかな書き心地ではないんですが、不快なほどでもない。

メモ帳として持ち歩くのにちょうどいいサイズで、ハードカバーなので雑にカバンにいれても平気だし、立ったままメモできるし、お気に入りです。

まぁ。ポケットサイズなら、他にも同じサイズでもっと良い紙のものがあるので、次はそちらを買うかもしれませんが。

とにかく、これが「当たりを引いた」ということかな?と思っていました。

ラージサイズのソフトカバー方眼の裏抜けチェック

モレスキンのラージサイズと同じ横幅のノートを探したんですが、探せども探せども、ない!!

A5サイズはあるんですよ。

A5サイズで、ハードカバーで、ゴムバンドもついてて。

でもA5だと横が大きすぎる……。

このモレスキンのサイズがしっくりくるんですよね。

誰かが黄金比率とほぼ同じと言っていて、なんだか納得しました。

悩んだんですが、バレットジャーナルに使うのはやっぱりモレスキンがぴったりな気がして、結局買ってしまったわけです。

開きやすいのがいいかな~とソフトカバーにしてみました。

ラージサイズで立ったままメモすることもないでしょうし。

今、モレスキンてカラフルでたくさん色があるんですねぇ。

実は、深いブルーの色が気になっていて、それを狙ってたんですが、ハードカバーしかありませんでした。

ソフトカバーのカラーはどれも好みじゃなかったので、結局黒です。

万年筆が使えないなら別にそれでいいや、と思って買ったんですが、一応チェック。

モレスキン方眼

モレ方眼裏抜け

抜けてな~い!!

カクノのMはけっこうインクがスルスルでるのでこれは無理かな~と思ってたんですが、問題なし!!

マイルドライナーも大丈夫……!(感動)

ここには載ってないですが、シグノも全然裏抜けしてませんでした。

これなら気にせずいろんなペンが使える~♡

※大量のペンを持ってます。持て余してます。そのうち紹介しますw

裏抜けしないモレスキンを選ぶ

モレスキンはアマゾンの洋書カテゴリで買うとずいぶん安く手に入ります。

私もそっちで買おうかな~と思ったんですが、早く欲しくて店頭へ。

まず見本で置いてあったものをパラパラと見てたんですが、前見たのとちょっと違う感じがしました。

前のは、もっと方眼の線が濃い色をしてた気がします。

線は薄い方が好みなので、そこも買うのを悩む理由だったんですが、今回のは気にならない。

実際買うものはビニールに包まれてるので見ることができないんですが、横から見るだけでもけっこうバラつきがありました。

  • 紙の色
  • 線の濃さ

主に見たのはこの二点です。

紙が白い方は方眼の線がくっきりしているような感じです。

クリーム色の方が薄そうな気がして、そちらを選びました。

横から見たときの線の濃さも、ちょっとグレーっぽい色のものを選ぶと良いかも。

これが裏抜けに関係あるのかどうかはわかりませんが、今回は当たりを引いたようです。

ラッキーでした。

しかもポケットサイズと2冊続けて当たりだったので、なんだか意外と悪くないじゃないかと思えてきました(笑)

次はどうなるかはわかりませんけどね。

なにより値段が……。

1000円くらいだったら裏抜けしようがこのサイズ感と頑丈さに、出すのも惜しくないんですけね。

あ~、このサイズのノート他にでないかなぁ……。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る