不食って?水だけで大丈夫なの?ダイエットでマネするのは危険すぎる…

breakfast-w680

「不食」という言葉。

初めて聞きました。

「人は食べなくても生きられる」という考えのもとに、実際に水だけで生活している人が世界には存在しているというのです。

日本にもいる、食べない人たち

日本にも不食を実践して生活している人がいるらしく「食べない人たち」という本が出版されています。

その本には18年間も一日青汁一杯だけで生活する人(これはそもそも不食というのか疑問)、水すら飲まずに6年生きている弁護士、自分の体を使って不食の実験をした思想家などが紹介されているとのこと。

どう考えても信じられないのですが、その本によると、食べない方がむしろ健康になるのだとか。

人間は当然食べるという行為、そして消化吸収するのにもエネルギーを使っています。

テレビでタモリさんも食べる方がエネルギーを使うから番組が終了するまでは食べないなんて言っていましたね。

まぁその考えはなんとなくわかりますが、それを何年と続けて生きていられるのが不思議です。

一応、徐々に身体を慣らして最終的にゆっくりと食べない状態にしていくというプロセスがあるそう。

 

「断食」とは違うようなので、注意です。

プラーナ?不食はスピリチュアルな「思想」

不食というのはなんだかすごい健康法なのかと思ってしまいましたが。

ちょっと調べてみると、なんだか危険なにおいがしてきます。

食べない人たちは、代わりに「プラーナ」というエネルギーを食べているんだそうです。

なにそれ、プラーナって??ってなりますよね。

本人の主張によると「宇宙エネルギー」とのことですが、そんな言葉が出てきたらもう胡散臭さしかないです。

宇宙エネルギーってなんでしょう?

細かく言うと目にちゃんと見えるとかこれがないと生命体は生きていけないとかいろいろあるみたいですが全く信じる気もないのでそうそうに飛ばしました、すみません。

なんだか一種の宗教のような感じもしないでもない……。(実際やってる人に失礼でしたらごめんなさいね)

医学的な根拠も特にないようで、実践しているのはスピリチュアルなものに興味のある人のようですねぇ。

実践して餓死した例もある危険な「不食」

不食に挑戦して餓死したというスイス人の女性がいるというニュースを見つけました。

こういうとやり方が悪いという人がいそうですね。

実際そうだったかもしれません。いきなり食べるのを全部絶ってしまったら当然の結果ですよね。

でもこの不食は例えば病院で推奨などは当然されていないはずです。

専門家がいるのか?いませんよね?そうだと名乗る人はいるかもしれませんが。

なら自分でなんとなくこうかな~?くらいで実践するしかないわけです。

それで体調を崩して、それでもよくなると信じて続けてしまったらと考えると恐ろしいです。

 

「不食」で生きていける人がいるということは別に否定しません。

それで健康なら別に言うことはないですよね。

でも万人に効く方法とは到底思えないのも事実です。

本当に食べなくても平気なら飢餓問題なんてあるはずがないのですから。

安易に信じ込んで、ダイエット感覚で実践する人がいなければいいのですが……。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る