【マツコの知らない世界】ハイブリッドは加湿器の世界にもあるらしい

早いもので、お正月が明けたと思ったらもう2月が目の前ですね。

なんでも、2月は一年で一番乾燥する時期だそうです。

インフルエンザも流行ってますし、乾燥を気にする方も多いのではないでしょうか?

湿度が低いと風邪菌が元気になるらしいですからね!

暖房を点けるとどうしても乾燥してしまいますし、加湿器の力を借りようと思っている方、多いのでは?

今日のマツコの知らない世界は加湿器選びに役立つ情報が満載でした。

実は私は加湿器を持っていないので、「へ~」と思うことがいっぱいありましたよ!

加湿器の種類別おすすめ

そもそも加湿器にどんな種類があるのかすら知らなかったツル子です(笑)

  • 超音波式

よく見るしずく型の加湿器がこれにあたるそうです。

雑貨屋さんとかにも売ってるかわいいあいつですね。

何度買いそうになったことか。

超音波で水に振動を与えてミスト状にしてお部屋に水分を飛ばしているのだそう。

加湿力はあまりないらしいですよ。

あんなに売れてるのにまさかですよね(笑)

安く買えるので2台目3台目で補助的に使うのがいいとのこと。電気代も安い!

  • 気化式

次に加湿力があるのがこれ。水を含んだフィルターにファンで風をあてるそうです。

扇風機の前に濡れたタオル干してるみたいな状態ですかね?

これも電気代が安く済むのがメリット。

  • ハイブリッド式

気化式とほぼ同じ構造で、中にヒーターがありそこを風が通るので少し暖かい風が出るみたいですね。

ただヒーターがある分電気代が高いそう。

ダイニチ工業のハイブリッド加湿器が紹介されてました。電気代も抑えられてておすすめみたいですよ。

デザインも洗練されたシンプルさでインテリアの邪魔にもならなさそう。

HPを見たらわかりやすく表になってました。お部屋の広さによって選べるみたい。

  • スチーム式

加湿力が一番高いのがスチーム式。お湯を沸かした蒸気で加湿する方法ですね。

家には昔ながらの石油ストーブがあるんですが、上にやかんを乗せてます。

こんなやつ。

たまに焼き芋焼いたり(笑)

結局昔からのやり方が一番効果的だったということですかね。

ポット型の加湿器が紹介されてましたけど、本当に注ぎ口のないポットでした。

煮沸させるので菌も繁殖しないし衛生的なのがメリット。

ただ、熱い蒸気が出るので小さなお子さんのいる家庭は要注意です。

お湯を沸騰させてる状態なので電気代も高いそう。

フリップに一月千円以上ってなってましたね~。結構痛い出費かも。

こまめに掃除しないと逆効果!?

マツコさんは超音波式の加湿器を購入したそうなんですが、「しょっちゅう受け皿のとこ掃除しなさいとか表示がでるんだけど、ほとんどやってないわ」と。

すると家電を紹介してた藤山さんが「あーそれ危険ですね!」

水が溜まってる状態なのでどうしてもカビが繁殖しやすいんですね。

つまり加湿して風邪予防するはずか、カビ菌だらけのミストを吸い込んでる、と。

想像しただけで恐ろしい……。

マツコさんの購入した超音波式加湿器は性能がいいので超音波式のなかでも加湿力がかなり高いらしいです。

それを3台も買って家に加湿器5台くらいあるのにひどい風邪をひいたらしく、

マツコさん「もしかしてそのせいかしら!?」

藤山さん「5台分カビ散らかしたのかも」

カビ散らかすって初めて聞いたわ(笑)

自分にあった加湿器選び

掃除が苦手な人はあまり掃除がいらない製品を選んだ方がいいでしょうし、小さなお子さんがいるなら熱い蒸気が出ないタイプがよさそう。

電気代や実際の加湿効果も考えながら、自分のライフスタイルにあった1台を選ぶ必要がありそうですね。

それにしても家電って詳しい人から話聞くと面白いですよね~。

今日の藤山哲人さんって方はキャラクターもすごく面白かったです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る