UVカットパウダーは本当に日焼け止め効果があるのか?塗る量がわからない

UVカットの効果があるフェイスパウダー、使ってますか?

私は使ってます。いや、正確には使ってました。

今は切らしてて持ってないんですが、買う予定です。

でもあれって、本当に紫外線を防ぐ効果があるんでしょうか?

パウダーの日焼け止め効果はどれくらいなのか

そんなに疑うなら使うなよという声が聴こえてきそうです(笑)

違うんですよ、効果が全くないと思ってるわけじゃないんです。

紫外線散乱剤が紫外線を跳ね返す効果があるというのは調べて理解しました。

紫外線吸収剤が、紫外線を浴びると効果がなくなっていくのに対し、紫外線散乱剤はちゃんと肌に付いている間は、効果が薄れることはなく、長持ちするんだそうです。

そう、肌にちゃんと付いている間は、です。

パウダーって、粉ですよね。

これは、もう私のイメージでしかないんですが、クリームタイプの日焼け止めは肌に密着して膜を作ってくれる感じがありますよね。

この被膜感が好きって人はまぁほとんどいないでしょうけど、私はなんか、嫌いだけど守られてる~って感じがします。

でも粉ってなんか本当にこれで焼けないの?って思っちゃうんですよね……。

なんか、粉の粒と粒の間を紫外線が通り抜けてるイメージです(笑)

あと、全部の光を反射できてるのかな?って心配になります。

塗る量は関係ないの?

日焼け止めって、最近は塗る量が大事ですよっていうのが浸透してきましたよね。

伸びが良くて、少量で済んでコスパ最高!!みたいなの全く意味ないわけです。

1㎠あたり2㎎というのがパッケージに書かれているSPFとPA値の効果を得るために必要な量です。

よく言われるのが、顔だったら500円玉大です。

はっきり言って多いです。

何回も何回も重ねないと、余ってなじまないし塗りきれないです。

では、パウダータイプの日焼け止めの使用量ってないの?と疑問に思いました。

「UVパウダー 使用量」とかで調べてみたんですが、全然情報がありませんでした……。

商品のページとかパッケージとか見ても書いてないんですよねぇ。

クリームタイプの日焼け止めはちゃんとした商品なら書いてあるんですが……。

そもそも、UVカットパウダーの紫外線防止効果はどういう状態で実験してるんでしょうかね?

もし、1㎠あたり2㎎みたいな規定があるんだとしたら、相当肌に粉を乗せないといけないですよね?

でも粉だからこんもり乗せても落ちますけど。

メーカーに聞いてみた

エトヴォスの今年のUVパウダーが発売されたときに、買おうか迷って、メーカーに問い合わせをしたことがあります。

「UVパウダーはどれくらいの量をのせればSPF50 PA++++の効果が得られるんでしょうか?」

回答は、「ムラなく均一に伸ばしていただければ、十分に効果があります」

えー、、、ホントかな(しつこいw)

どう考えても粉は落ちやすいので、SPF50って時間の効果ですよね、難しくないかな?

あと、パウダーでSPFやPAの違いってどうやって出すんでしょうね?

効果はある。でも重ねづけのためのパウダー

もちろん、効果が全然ないと思ってるわけじゃないので、私も使います。

使いますが、あくまでもサポートですよね。

日焼け止め塗って、その後に重ねづけ。

地肌にいきなりこのパウダーで外に出る勇気は私にはありません……。

日焼け止めの使用量はほとんどの人が規定量より少ないと思いますので、それを補うためにも、重ねるのは効果があると思います。

肌に優しいというのもやっぱり大事なことですしね。

なんかもうちょっと、これだけ塗ったらこんだけ効果あります!とか具体的な数字が出ればいいな~。

なんかもやもやが解消されないんです。

おまけ(同じこと言ってる人いました)

UVパウダーの効果について検索しまくってたら、一人だけ同じこと言ってる方がいました。

ちょこちょこ話に出てきた皮膚科の先生のブログなんですがね。

やっぱそうですよね!?なんて思っちゃいました(;’∀’)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る